支えてくれるお客様は誰なのか、それは大事にする指名客

支えてくれるお客様は誰か

成功している美容室の大半は、大切にすべきは新規の客ではなくて常連さんだ、と思っているようです。極端な話、売れない時代を支えてくれた彼女と、売れ始めてから寄ってくるようになった彼女のどちらが大切ですか?当然売れない時代を支えてくれた彼女ではないでしょうか。売れ始めてから、または絶頂期に寄ってきた彼女をひいきにしてしまったために、あとで痛い目に合う、と言う話はよくあることです。美容室の経営もそういう感じなのでしょうね。最初から大切に思ってくれたいるお客さん、そしてそういうお客さんを大切に扱ってくれる美容室、この両者の関係が美容室経営を成功させるカギではないでしょうか。北千住 美容院そういうお客様にとっては「サービス」というのは値段ではないんですね。その美世水津でしか得られない何かがそこにはある、それが極上のサービスを感じられるわけです。そう考えると初回割引なんて大した問題ではなくなる様なのです。もちろん初回割引が悪い訳ではありません。最初のとっかかりとしたらそれが必要だ、という戦略は悪くはありません。ですがそこできっかけを作って二度目に再来店してくれたお客様に対しては、感謝の意を込めて大歓迎するべきで、新たに割引を利用するために来た新規のお客さんではないはずです。