人種による髪の違い

人種による髪の違い

私たちの頭にはあたりまえのように生えている髪の毛。でもその髪の毛のこときちんと知っていますか?ちょっと気になったのでいろいろと調べてみました。髪の毛は肌の角質が変化したもので標準的な髪の毛の本数は7万本から10万本くらい生えているのだそうです。髪の毛の直径はおよそ0.05mmから0.15mmで人種によっても大きく違ってくるので全てが同様とは言えないようです。白色人種と黒色人種は髪の毛が細くて頭皮1平方cm当たりおよそ400本前後生えており、日本人などの黄色人種は1平方cm当たり250本前後生えているようだ。髪の毛の断面も人種による違いが出る。黄色人種は一般的に円形、白色人種は楕円、黒色人種は細長い楕円。日本人などには直毛が多く、白人は波状毛と呼ばれるウェーブのかかったもの、黒人は縮れ毛が多いのもこの髪の毛の生え方などによるものが大きいらしい。髪の伸び方にも違いがあるみたいだが、一般的に1日に0.3mmから0.5mmくらい伸びる。そして髪の色は持っているメラニンの量によって変わる。大体の人間はメラニンがたくさん含まれている黒色の頭髪が基本で、金髪や赤髪、茶髪など白色人種に良く見られる髪色は色素が脱落したことにより髪の黒色が抜けたものと考えられるようです。人種や個人差はありますが、髪の毛っていろいろな違いがあるんだなと今回調べてみて思いました。こうやって考えると人体って本当に不思議なことがいっぱいですよね。美容院 町田駅  縮毛矯正 口コミ メンズ 安い 当日予約 おすすめは人それぞれの特徴を見極めて、常に最善の方法を考えてカットやカラー等の施術をしてくれます。